同じ会社の相手と復縁するコツは?

同僚の元彼(元カノ)と復縁するには?

 

復縁事例

 

復縁したい相手との関係は
人によって様々だと思いますが

 

・同じ職場の同僚

 

・同じ学校の同級生

 

など、元彼(元カノ)と頻繁に顔を合わす
関係であるパターンもありますよね。

 

復縁できる

 

別れた後に一方が転職するなど、
そういったケースもありますが、
誰もが簡単にそういうことはできないでしょう。

 

元彼(元カノ)と会社の同僚だとか、
同じ学校であるパターンでは
どうすれば復縁可能性が上がるのでしょうか?

 

頻繁に顔を合わせる機械があることは

 

復縁にとってメリットでもあり
デメリットでもあります。

 

当然復縁可能性を上げる為には

 

メリットを活かしデメリットを抑える

 

ことを意識することが大事です。

 

簡単にメリットとデメリットを説明すれば

 

会う機会、顔を合わせる機会というのは

 

相手からの印象を上げるチャンスであり
印象を下げることにも繋がる

 

ということになります。

 

復縁できる

 

ですから、普段から
印象を上げる行動を取ることが大事です。

 

具体的にはどうすればいいのでしょうか?

 

ここで復縁の成功エピソードをご紹介します!

 

会社の同僚と復縁できた秘訣

 

30代女性のTさんは
彼に振られてしまったのですが
その彼とは会社の同僚だったのです。

 

彼と顔を合わせるのは辛いので
会社を辞めることも少し考えましたが、

 

その会社での仕事自体は好きでしたし、
簡単に転職もできそうになかったので
会社には残ることにしました。

 

ただ、彼のことを見ることで諦めたくても
なかなか諦められませんでした。

 

彼の姿を見てしまうと、
「やっぱり好き」だと思ってしまうのです。

 

そこで、次第にTさんは
「復縁したい」という気持ちが強くなり、
復縁の為に自分なりに行動しました。

 

無理に彼に接触しても良くないと
考えたTさんは、
しばらくは自分磨きに徹しました。

 

時々彼と話をする機会もあり、
彼の前では特に自分の魅力を
アピールできるように意識しました。

 

しかし、
復縁のチャンスは一向にやってきません。

 

耐えきれなくなったTさんは
思い切って作戦を変更し、
直接彼に気持ちを伝えましたが

 

「復縁する気持ちは全くない」

 

というように断られてしまいます。

 

Tさんはこのままでは
復縁は無理だと考えて

 

口コミで評判になっている
復縁相談を試してみることにしました。

 

復縁できる

 

そして復縁の専門家に相談することで
いろいろとアドバイスを貰いました。

 

その中で特に参考になったのが

 

「彼をあまり意識するのではなく、
 一人の人間としての魅力を高めること」

 

というようなアドバイスでした。

 

Tさんは彼との復縁を意識するあまり
彼の前だけで良い子になっていたのです。

 

彼のいない所との差が激しくなっていました。

 

そんなことをしていても
なかなか復縁がうまくいくものではありません。

 

Tさんはそれからは、彼の前だけでなく
普段から一人の人間として
好かれるような女性を意識しました。

 

復縁のことよりも、明るく礼儀正しく、
そして仕事に精力的になりました。

 

その結果、Tさんは会社内での評判も良くなり
自然と彼からの印象も良くなったのです。

 

何度か断られていた食事の誘いも
受けてくれるようになり、
プライベートでの付き合いも増えました。

 

そしてTさんは彼から告白され
復縁することができたのです!

 

復縁できる

 

恋愛だけに限ったことではないですが、
目当ての相手に好かれたい時というのは

 

その人の前だけで良く振舞っても
ボロが出るものですし見抜かれるのがオチです。

 

復縁の為だけでなく、人生を豊かにする為にも
普段から志しが大事になってきます。

 

復縁相談で自分に必要なことを知る

 

今回紹介したエピソードのように

 

専門家に相談したことで
復縁に成功した人は本当に多くなっています!

 

復縁できる

 

あなたが今必要な行動や
心がけるべきことを教えてくれます。

 

直接相談することによって、
状況にマッチしたアドバイスが貰えます。

 

無料相談できるので
一度でも相談してみてください。

 

>> 小野田ゆうこ先生の無料メール復縁相談

 

男性用もあります >> 無料メール復縁相談(男性版)

 

復縁できる

 

為になるアドバイスで
復縁を成功させましょう!

 

記事の最終更新 : 2018年2月26日